HOME お問い合せ
東京池袋の整体院〜北斗養身

プロフィール

整体師 / 武道家 斎藤 勝

1989年4月 メディカルトレーナー専門学校卒業

・卒業後、某接骨院にて住み込みで働き整体術を研究。これまでに各種整体術、均整術、気功療法、操体法、各種強健術、足心道、アーユルヴェーダなどを研鑽する。また北京と上海の専門大学にて中医学、薬膳、気功などを研鑽する機会があり東洋医学の見聞を広げる。

1992年9月 東京都豊島区にて独立開業

・武道の身体原理から整体術を見直し「姿勢の7大事」「根本原因は歪みより動き」 「体の歪みの根本は足首」「足首矯正の重要性」「頚、手首、足首は体の歪みの発散口」「顎関節、仙腸関節、足関節は重心関節」「丹田を活かした姿勢の作り方」等を発見し技術体系をまとめる。

・都23区内をエリアに出張中心で開業。数年の口コミだけで患者がいない区が無くなり、通院出来ない重症患者、多忙な起業家、芸能人などの疾病改善、健康管理を数多く手がける。

2008年9月 「らせん」初公開

・「姿勢」と言う言葉にインドの「チャクラ」や中国の「氣」に匹敵する日本人独自のエネルギー概念に気付く。合掌、伸び、重心移動、深呼吸が中心動作となる姿勢整体エクササイズ「らせん」を考案。 患者さん有志の要望に応えて初公開する。姿勢強化(意識体の身柱を養う)により、健康増進、美容促進、運動不足解消などなど多くの喜びの声を受けセミナー活動等で紹介していく。

・2013年から教室を展開。

・2014年に練馬区の正式な要望にて春期と秋期に65歳以上対象の健康セミナーでらせんを紹介。好評を得て同年に常設の教室を開く。



武道家

15歳より古流武道に加え柔道、剣道、ボクシング、キックボクシング他、近代格闘技も実戦研究する。現在は筋力に頼らない太極拳、形意拳、八卦掌、合気武道、古流居合、剣術など日本と中国の古武道を中心に研鑽している。武道の指導歴は23年。

1983年9月 全日本柔拳連盟 入会 (30年の節目を以て退会)

中国武術五段
大東流合気武道 柳生心眼流甲冑柔指導員
(所属中は本部指導員及び北千住支部長を務め各有段者を育成する。指導歴21年。 )

・1994年10月
八卦掌始祖、董海川先師の墓地内における、王樹金先師記念碑設立式典に日本代表メンバーとして参列。
北京八卦掌協会との技術交流会に参加。同じく北京意拳(大成拳…形意拳を基とする拳法)研究会との技術交流会に参加、演武。

・中華国術国際総会主催
2007年 中華国術世界大会 第5位入賞
2008年 内家拳法世界大会 金メダル受賞

・中華武術国際誠明総会主催
2008年 終南派国際大会 金メダル受賞
2012年 終南派国際大会 金メダル受賞(2連覇)

1992年9月 大東社 修心武道会 入会

武田西郷流合気武道師範代
全日本剣道連盟合道 四段
全日本剣道連盟剣道 弐段

1992年8月 某フィットネスクラブにて気功法と整体体操を6年にわたり指導

1999年4月 身辺警護シティアーツ・アカデミー(第一期) 卒業

・伝統武術の枠を超えて護身術を研究。犯罪心理学、犯罪分析、関係法令など学び護身術セミナー活動もしている。

2007年 (社)幼少年体育振興協会 資格認定

・日本と中国の古武道における鍛練法とは別に近代体育の所見から青少年幼児の身体訓練法を研究をする。

・東京都文京区の某幼稚園にて1年間、古武道の鍛練法と幼児体育を活かした「忍者教室」を行う。


テレビ、雑誌にも多数、出演。

TV ……『天声慎吾』『アッコにおまかせ』『ジャニーズJr.裸の少年』『V6オトセンU』『薬丸君のイチオシ』『ヤクルト(CM)』『リーガルハイ(ドラマ:里見浩太朗氏に太極拳振り付け指導)』他
雑誌……『週刊現代』『武芸』『秘伝』『剣道日本』他

Copyright Yoshin. All rights reserved.